自分の考えを深めるに役立ちそうなワークブックも翻訳しました

​2021.10.20掲載

N.A.P.S(全米ピアサポーター協会)のサイト内に、世界ピアサポート・ディをより有意義に過ごすためのひとつとして、個人や仲間で取り組めるワークブックが載っています。

WRAPで有名なコープランドセンターと協力して作成されたそうです。こちらのワークブックをこの度日本語訳にしてみました。最初は自分たちの楽しみ用というか、ちょっとしってみたいな~くらいに思い訳してみたのですが、せっかくなのでコープランドセンターに問い合わせをしてみたところ、翻訳&本サイトへの掲載許可を頂くことができました。

誰かの何かに、お役に立てたら嬉しく、おすそ分けとして掲載しますので、もしよければワークブック、覗いてみてくださいね。

ピアスタッフ・ピアサポーターの仲間と一緒にやってみるのも良し。自助グループの仲間とやってみるも良し。友達とやってみたり、ひとりでやってみるなど、自由な形で使ってみてください。

This workbook was created by the Copeland Wellness and Recovery Center and N.A.P.S.
*Shippuro translated the article into Japanese with permission from Copeland Center
*しっぷろがコープランドセンターに許可を得て日本語訳にしました。​

スクリーンショット 2021-10-16 21.53.09.png

ワークブック

世界ピアサポート・ディ(Global Peer Supporters Celebration Day)​て何だろう?

​「毎年10月の第3木曜は世界ピアサポート・ディです。」​というのを今年はなんだか耳にする機会が多いです。しかし英語圏でもないのでアメリカのサイトを見てみても、「ようわからんな…」となりますよね。

​けれど「そもそも世界ピアサポート・ディってなに?」 ということはやっぱり知りたい。

​2021.10.17掲載

question_Illustration1904_19.png

私たちしっぷろメンバーも、まずは「それって何?」を知ることからはじめてみたいと考えました。そしてしっぷろメンバー内でのやりとりをきっかけにして、今回少しですがアメリカのサイトを翻訳してみました。私たちの"知りたい&知ってみた"のおすそ分けとして、以下ご紹介させて頂きますね。

​まず、世界ピアサポート・ディについてはこちらのサイトから情報発信がなされています。

こちらのサイトはアメリカの団体で「N.A.P.S.」(ナップスと読みます)のサイトで正式名称は「National Association of Peer Supporters」と言い、全米ピアサポーター協会といった感じです。

スクリーンショット 2021-10-16 17.10.11.png

全米ピアサポーター協会のWEBサイト

このサイト内の次のページに世界ピアサポート・ディについての記述があります。

スクリーンショット 2021-10-16 16.21.19.png

Global Peer Support Celebration Day (GPSCD)について

スクリーンショット 2021-10-16 19.59.49(2).png

​ツールキット

​今回はこのページ内にある「世界ピアサポート・ディのツールキット」の中の以下の項目について訳しました。

​(ツールキットのP.2~3より)

  • グローバル・ピアサポート大会の歴史

  • グローバル・ピアサポート・セレブレーション・ディとは何?いつ開催されるの?

  • なぜ、ピアサポーターとピアサポートを祝うのか。その理由について

  • ​このイベントの祝い方

​翻訳ここから

  • グローバル・ピアサポート大会の歴史

ピアサポーターのための「ナショナルデー」のアイデアは、ジョージア州アトランタで開催された2014年の国際ピアサポーター協会(iNAPS)の年次大会で形になりはじめました。この日は、退役軍人省のピアサポートサービスのナショナルディレクターであったダン・オブライエン=マッツァ氏が、会員会議で自身のアイデアを話したことから始まりました。

 

彼のアイデアは、他のiNAPSメンバーからも多くの熱狂を呼び起こしました。元理事のグラディス・クリスチャン氏、VAメンバーのジェイソン・ジマーマン氏、パム・ムーア氏、ビル・ビバリー・ブランコ氏らの協力と、退役軍人省医療局のサポートを受けて、GPSCDが誕生しました。

 

元エグゼクティブ・ディレクターのスティーブ・ハリントン氏とプレスリリースにより、この「ピアサポーターのお祝い(祭典)」は勢いづいていきました。

 

全米メンタルヘルス同盟(NAMI)、うつ病・双極性障害サポート同盟(DBSA)、リカバリー・イノベーションズ(RI)インターナショナル、コープランドセンター、アメリカ連邦保健省薬物依存精神保健サービス部(SAMHSA)、精神科リハビリテーション協会(PRA)、ラトガース大学ヘルスケア、アパラチア・コンサルティング・グループ、全米メンタルヘルスコンシューマー・セルフヘルプ クリアリングハウス…などのサポートを受けてこの日は、希望・称賛・お祝いという共通のテーマを持つ世界的な草の根運動となりました。

 

最初の年は、スティーブ・ハリントン氏、iNAPSの理事とその会員、そしてイベントを推進してくれた組織のたゆまぬ努力により、大成功を収めることができました。2年目は、スティーブ・ハリントン氏の導きとサポートが無かったため、少し困難な状況になりました。ビル・ビバリー・ブランコ氏、iNAPS、その他のボランティアの方々のたゆまぬ努力によって、GPSCDは存続し、前に進み続けています。

  • グローバル・ピアサポート・セレブレーション・ディとは何?いつ開催されるの?

グローバル・ピアサポート・セレブレーション・デイ(GPSCD)はピアサポーター、ピアサポートを毎年祝うものであり、メンタルヘルスや依存症、トラウマなどの困難を抱える人達が回復に向かい、そして自分で選んだコミュニティに入っていけるようにサポートをする活動を称えます。この毎年恒例の世界的なイベントは、毎年10月の第3木曜日に開催されます。 グローバルピアサポーターズセレブレーションデーのこの目的は2つあります。

1)

ピアサポーターが自分の貢献を称え、振り返り、活躍を祝福すること。 

2)

10月の第3木曜日に国民、公務員、その他の人々が、国、州、地方レベル、彼らを雇用する組織、メンタルヘルスと物質使用のコミュニティ全体で、ピアサポーターとピアサポート・ワークを祝い、称えること。

  • なぜ、ピアサポーターとピアサポートを祝うのか。その理由について

GPSCDは、ピアサポーターを祝福します。ピアサポーターとは、自身のメンタルヘルスやアディクションの問題に伴う困難を切り抜け、彼らのピア(仲間)のために良き例として差し出す人たちのことです。

 

ピアサポーターは希望を呼び起こしますが、自身が人に貢献していることを称えたり、じっくり考えてみたりすることが、なかなか出来ないことがあります。さらに、ピアサポーターは、自分たちの活動を称えることを忘れています。

まして、自分たちが関っている人々(高齢者、成人、若者、子ども、家族)の生活に日々変化をもたらしていることや、精神保健システムや業界全体にどれほどの変化をもたらしているかについて労うことを。

 

このお祝いと称賛の日は、メンタルヘルス、依存症、トラウマなどの困難に直面しているピア(仲間)の生き方にピアサポーターがもたらす影響と貢献に焦点を当てるものです。さらに「一人の声が多くの声になる」ことで、公務員や一般市民、組織、同僚などが固定観念やスティグマを打ち破り始め、ピアサポーターやピアワークに対する意識やサポートが発展し、成長していきます

  • このイベントの祝い方

ピアサポーターとiNAPSと共に是非、あなたが居る場所の正午12時に、世界中のピアワーカーの懸命で真摯な働きを称えるために、立ち止まり、称賛し、じっくり振り返り、祝福しましょう。

 

ピアサポーターの皆さんには、国、州、地域、あるいは職場を含む地域で、「自分たちの」日がどのように見え、どのように感じ、どのように祝われるのか、それぞれの認識や目標に合わせて、ユニークで個性的な方法でこのイベントを発展させ、作り上げ、祝うことをお勧めしています。言い換えれば、この年に一度の祭典に参加するための「唯一の方法」は無く、「正しい方法・間違った方法」もありません。

次のアイデアは、地域の祭典を発展させるのに役立つでしょう。

職場やその他の公共の場でお祝いのイベントを開催するために組織のスポンサーを得ること。

(例えば市民グループや学校向けプレゼンテーションやランチ学習会を予定するなど)

情報提供を目的としたプレゼンテーションの開催。

ピアサポートやピアサポーター、およびメンタルヘルスや依存症のサービスにおける仲間に果たす役割についての記事を書き、新聞や雑誌、ニュースレターに投稿する。

グローバル・ピアサポート・セレブレーション・デーを称えるための宣言文の文言を作成し、選挙で選ばれた役人(知事、市長など)に「声明」を送り、地元のイベントに招待すること。

ピアサポーターと、彼らのその懸命で真摯な働きを称える昼食会を職場に催してもらうこと。

もし、写真を撮ったり、イベントを開催したり、プレスリリースや声明を書いたりする場合は、私たちと是非共有して下さい。info@inaops.org まで送信願います。

​翻訳した人:りえちん

​翻訳ここまで

​いかがでしょうか。「これってつまり何の日?」というのが掴めるきっかけになっていたら幸いです。

idea_Illustration1904-1-1.png

<各種資料やWEBサイト出典>2021.10.14 アクセス

※Global Peer Supporters Celebration Day についてのページ

https://www.peersupportworks.org/about/global-peer-supporters-celebration-day/

※Global Peer Supporters Celebration Day のツールキットのページ

https://www.peersupportworks.org/wp-content/uploads/2020/09/Global-Peer-Supporters-Celebration-Day-Toolkit.pdf

​※N.A.P.S. WEBサイト

https://www.peersupportworks.org/