Vol.01 ザキさんとの対話

第4回目「ザキさんの1日」(2021.××.××

ザキさんのプロフィール

%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E3%81%95%E3%82%93%E3%

名前:山崎 将展   呼ばれたい名前:ザキさん

年代:30代     地域:静岡県

所属:相談支援事業所

働いて何年目か:ピアスタッフとして2年目

※ピアスタッフの業務として出向く施設としては、他に相談支援事業所と同じ法人内の精神科救急病院・地域活動支援センターなどがあります。

今までメールでのやりとりをしていたザキさんと、先日オンライン上でお話を伺いました。今回はピアスタッフとして働くザキさんの一日の動きのご紹介です。ピアスタッフといっても職場の事業形態は様々ですよね。デイケアでの動きや、地活での動きが違うように、ピアスタッフの働きを知られるひとつのヒントとなれば幸いです。

title.jpg
スクリーンショット 2021-11-18 13.25.36.png

自宅から出発
バスに乗る

​08:40

職場(相談支援事業所)に到着

​09:50

身支度をする
(ポロシャツ、Gパンで出勤)

以下、しっぷろメンバーからいつくかご質問し、ザキさんにご回答頂きました。

しっぷろメンバー紹介07
しっぷろメンバー紹介06
%25E5%2586%2599%25E7%259C%259F_%25E3%258

始業

​10:00

上司(精神保健福祉士)と同僚ピアスタッフ、ザキさんの3人でミーティングを行う。
K-STEP※をしながら体調チェック、今日の仕事について話し合う。

【K-STEPがあると良いですか?】 

良いですね。僕はあまり体調が悪いときに悪いとみられない癖があるらしくて。その時にK-STEPを見せて「こんなに僕体調悪かったんですけど」、というと「あ、そうなんですね」となりますね。例えば食事、睡眠、ストレスの項目があって、睡眠が△がずっとついているとどれくらい眠れているのか、という話になって、夏は暑さで起きてしまいます、というと、大丈夫なのかどうかちょっと見てくれるようになりました。仕事が2年4カ月続いているのは、自分の体調をうまくいく機会があったからかなと思います。過去の記録も職場にとってあります。

※K‐STEP:川崎就労定着プログラム(Kawasaki Syurou TEityaku Program) 

セルフケアを実践しながら就労定着を図るためのプログラム。

mtg.png

​急性期病棟へ行き病棟スタッフと

ミーティングを行う

​入院患者さんのフリートークの司会

(病棟スタッフが入ることも)

地元のピアサポート連絡会に所属しているピアサポーターさんも入って一緒に進行する。

​事業所に戻る

入力作業、事務作業をする

​10:30

​10:45

​11:30

【病棟でのフリートークの会はどんな感じですか?】

その時その時を楽しんでくれればと思って司会をしてます。急性期病棟なので患者さんが変わったり人数も変わるし、メンバーによって話の落としどころが違ったりすることも。ピアスタッフが参加してからは言いっぱなし聞きっぱなしの会になった、と聞いています。そもそも病気で働けるってどういうことですか?と聞かれることもあります。午後になるとSDMがあって、病気になってから働いていることを伝えると、どれくらい働かれているのか、と聞かれることもあります。リカバリーストーリーを話すと相手が納得してくれたりします。

【フリートークの会の司会をするのは大変ですか?】

僕は小さい頃は人見知りするような内向的なところがありました。毎回違う人に会うのはストレスもあります。あとピアとしてキャリアが浅いときは治療的な場にしないといけないと思っていて、焦りもありました。今は先輩方のピアさんが言っていた「その時を楽しんで。一期一会だから。」ということがわかるようになってきました。

​昼休み

​12:00

pc.png

上司、同僚のピアスタッフと3人で事務連絡、仕事の報告を行う。

​13:00

【お互いに意見を言いやすい職場、

どうしてそうなっているんですか?】

今まで経験した仕事の中で一番言いやすいです。今の上司が人事異動で一緒の職場になる前に、その上司とピアの職場の課題について話し合う機会がありました。それもあって異動後上司も意識的にピアのオフィスに来てくれるようになりまして。もともとはピアのオフィスとPSWのオフィスは構造的に違うんです。こういうこと(上司と課題について話しあうこと)を積み重ねて、上司も意識しくださって、それで言いやすい環境ができたと思います。

法人内で作っているお弁当を食べる。おいしい

lunch.png
mtg02.png

SDMに参加する
(患者さん2名、30分ずつ)

ケース共有、ミーティング、業務日報の記入を行う。

​14:00

​15:00

【SDMはどのように進めていますか?】

毎週木曜日に、同期のピアスタッフと一緒に入ります。自分は治そう治そう、みたいな発言をしています。同僚はそんなこと言っても、ツライ気持ちがわかるよ、薬嫌いなのわかるよ、と言ったりしてバランスが取れる感じです。患者さんに先の見通しを立ててもらえると嬉しいなと思って話をしています。患者さんには「病気でも働けるんですね」みたいな印象をもってもらえたりすることもあり、「病気なんですけど」と言ったときに驚かれることもあって。”あ、働けるんだ”とか”元気になれるんだ”、みたいな印象が僕にはあるみたいです。ピアスタッフがSDMに入ることになってから、ロールモデルとしての視点、先行く先輩としての視点を患者さんが持ってくれて、それに向かって頑張ってくれるようになったみたい、という話をスタッフから聞きました。

退勤・帰宅

​16:00

bus02.jpg
home.png

ザキさんの一日の動きから、ピアスタッフの人がどんなことを実際に業務でしているかが伺えましたね。今後も他のピアスタッフの一日の動きなどを紹介できたらと思います。そして次は「ザキさんの1週間の動き」をご紹介させて頂きます。お楽しみに!(つづく)

不定期更新

ひとつ前へ